歯科助手の資格

 

歯科助手の仕事と資格

 

歯科助手の資格とは?

 

歯科助手の資格は国家資格ではありませんが全国で適用する資格です。

 

歯科助手の資格を取得するのであれば、専門学校や生涯学習のユーキャン等の通信教育講座を受講することで、自宅で資格試験を受けることができます。

 

歯科助手は、歯科医師、歯科衛生士を補助するのが仕事です。

 

歯科医院の増加に伴い、歯科の保険請求事務の量は増えました。

 

そのため求人・募集が多く、ニーズの見込める資格といえます。

 

歯科助手の資格は全国で適用する資格なので正社員や派遣だけでなく、アルバイトやパートの募集も多くあります。

 

仕事内容も歯科医院で診断のサポートが主な仕事なので現場のアシスタントとして資格を取得すれば転職、就職にも優位です。

 

歯科医院の歯科助手は資格を有さない職ですが、まったく知識が無い状態で就くには大変厳しい職場です。

 

履歴書に書ける資格を取得できる通信講座もあるので、資料を請求してじっくり決めるといいでしょう。

 

医院によって歯科助手に任される仕事の範囲にかなり幅があり、とてもやりがいのある仕事です。

 

歯科助手はさまざまな業務、院内での洗濯や清掃、雑務にいたるまで行うことが必要になることもあります。

 

歯科助手は口腔ケアや歯科保健指導を行うことはできません。
それはまた違う資格となります。

 

しかし、診療中、医師のそばで器具の受け渡しを行ったり準備や後片付けをすることも大変立派な業務です。

 

知識なしでこなせるほど甘い業務ではありません。

 

歯科助手とは歯科医療機関で医師の診療をサポートするのが、主な業務となります。

 

仕事に必要な知識は専門的なものばかりです、勉強しておくと即戦力として歓迎されます。

 

スポンサード リンク




歯科助手 歯科アシスタント /Google /