歯科助手の資格取得

 

歯科助手の資格を取得しよう

歯科助手は歯科医療の現場が増えてきていることによってニーズの見込める資格となっています。歯科助手の資格を取得するのに必要条件はありません。

 

歯科助手の資格認定を行っているのは民間団体なので、歯科助手の資格の取得に必要な情報、費用や日程、会場も各実施機関によって違います。

 

初めてでも早ければ知識と実践力がつき、わずか5ヶ月で歯科助手の資格を取得できるようです。

 

歯科助手の資格の取得までにかかる期間は、受けた講座によって違うので、色々と検討してみるのがよいでしょう。

 

求人募集で未経験歓迎と出ていたからとまったく知識の無い状態では歯科助手を務めるのは大変です。

 

治療内容を理解し、必要な器具を揃え、適切なタイミングで歯科医師に器具を渡すなどの作業が求められるため通信講座などでも学習はしておいた方がいいと思われます。

 

歯科助手検定試験

 

試験日程は年5回あります。平成21年 22年度は

 

第一回 平成21年6月7日(日) 3級実施
受付期間は平成21年5月11日(月)〜5月22日(金)

 

第二回 平成21年8月9日(日) 3級実施
受付期間は平成21年7月6日(月)〜7月17日(金)

 

第三回 平成21年10月18日(日) 2級・3級実施
受付期間は平成21年9月7日(月)〜9月18日(金)

 

第四回 平成21年12月6日(日) 1級・2級・3級実施
受付期間は平成21年11月16日(月)〜11月24日(火)

 

第五回 平成22年2月7日(日) 1級・2級・3級実施
受付期間は平成22年1月6日(水)〜1月15日(金)

 

歯科助手資格試験 受験資格
特にありません。飛び級受験はできません。3級より受験します。

 

歯科助手資格試験 受験料
3級 4,000円  2級 5,000円  1級 6,000円

 

歯科助手資格試験 合格基準
3級  歯科診療補助、歯科診療概論  70%以上正答にて合格
2級  歯科診療補助、歯科臨床概論、口腔衛生  75%以上正答にて合格
1級  歯科診療補助、解剖・生理学、歯科臨床概論、薬学、栄養、口腔衛生  80%以上正答にて合格

スポンサード リンク




歯科助手 歯科アシスタント /Google /