通関士の資格試験

 

通関士の資格

通関士の資格とはどのような資格か、知る人はあまりいないかもしれません。

 

名前を聞いた事はあったとしても、具体的に何をどのようにする資格でどういう試験を受けるのか、詳しく知っている人は少ないでしょう。

 

通関士の資格というのは輸出入の際に税関の許可を得るために必要な税関手続きを行えるようになるために必要な資格です。

 

通関士の資格は貿易関連では唯一の国家資格となります。

 

通関士の受験資格に年齢も学歴も経験も国籍など、一切の制限はありません。

 

流通業や金融機関の仕事に就こうと考えている人が通関士の資格取得を目指している傾向にあるようです。

 

通関士の受験資格には制限がないので、在学中に取得する人ももちろんいますが、最近になって個人輸入のブームなどによって需要が高まっているために社会人の受験者が圧倒的に多いようです。

 

通関士の資格を得るために必要な試験はそれなりの難易度のため、独学で学ぶには時間が足りないなど大変なようです。

 

独学で通関士の資格を取るのが難しいという問題点は、通関士の試験は特に出題形式や出題分野が毎年大きく変更されることが多いためです。

 

なので、独学でポイントを絞って試験に挑むのが少々難しいようです。

 

一般に合格率が低く難易度が高いのでそこで利用するのが通学講座や通信教育です。

 

通関士の専門学校、スクールも通信教育の通信講座も無料で資料請求ができるところがほとんどですので、自分に合った講座を探しましょう。通関士の講座で有名なところはユーキャン、LEC、TAC[タック]、クレアール、ヒューマンアカデミー、産業能率大学、大原です。

スポンサード リンク




通関士試験&税関 /Google /