通関士 就職

 

通関士として就職するには

通関士になるには国家試験に合格し、通関業者を通じて申請、税関の長から許可をもらうことが必要です。

 

そのため、独立開業という選択肢はありません。
通関士の資格保持と、通関業者に就職することが必須です。

 

通関士の資格を取得しての就職は通関業者に就職するのが一般的ですが
通関業者と一口に言っても様々で、倉庫業・航空会社・運送業などがあります。

 

通関士の資格を取得していると、それらの就職に有利になります。
通関士は求人も多く、通関業務の企業によっては、資格手当が付く事もあります。

 

また通関業以外でも、貿易関係・商社・輸入業者に就職する場合にも役立ちます。

 

その場合、通関手続きをしていない場合は通関士と名乗ることはできませんが、通関士の知識は貿易に関する業務の中で何かと役立ちます。

 

有資格者の就職を優遇している企業もあれば、通関士資格の取得を勧めている場合もあります。

 

もし貿易関係の会社への就職を希望しているのであれば、通関士の資格保持はかなり有利な条件になるので、試験を受けることを考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサード リンク




通関士試験&税関 /Google /