通関士の給料

 

通関士の給料について

貿易に関する法律の手続きをやってくれるのが通関士です。

 

弁護士や行政書士などドラマや漫画になることが多いですが、通関士は取り上げられることがありません。

 

通関士の給料は、普通のサラリーマンと一緒です。

 

税関に提出する輸出入申告書の作成代行業務という大きな仕事をするのが通関士なので、それだけ重要なポストなら通関士給料もいいのではないか?と思います。

 

ですがそうでもありません。

 

通関業務だけを行う通関士の給料は多くないようです。

 

倉庫や運輸業者が通関業務を行っていることがあり、この通関士として所属するというケースが大多数です。

 

一般的には通関業界に就職されることが多いでしょう。
あまり認知された業界ではないので、特段給料が高いって事はないのです。

 

この業界自体の給料が他業種の平均に比べて低いんです。
通関士はそこに手当てがつくくらいです。

 

どちらかといえば、貿易業や商社など、業界の方が給料は高いと思われます。

 

通関士の給料、初任給は、就職先によって待遇もそれぞれ異なります。

 

平均的には、大卒約19万円前後、短大・専門学校卒約17万円前後のようです。

 

通関士資格を取得している場合になると、数千円から数万円の資格手当てが上乗せされるようです。

 

資格手当ても、皆同じとはいかず、企業ごとに独自の金額が多かったり少なかったりと設定されているようです。

 

物流企業では通関士試験の取得を奨励する企業も多くあります。

 

受験料の負担、事前に講座を開くなど教育体制を整えてバックアップをしていたりするところもある。

 

資格を取得したからといって通関士としてすぐに働くことはできない。

 

資格取得後は1〜3年程度、通関士のアシスト的な仕事を中心に働く。
その間、給料は少し少ないですが、その後、通関士として働くようになってからが本番でしょう。

 

スポンサード リンク




通関士試験&税関 /Google /