通関士の独学勉強法

 

通関士資格試験に独学で合格するには

難易度は決して低くない通関士の試験ですが、独学でパスすることも可能です。

 

個人個人によって向き不向きもあるかと思いますが、独学は勉強時間が一番自由に取れる学習方法です。
その為、既に仕事に就いている社会人には向いています。

 

独学で通関士資格取得を目指すには、まず学習方法のポイントを押さえましょう。

 

効率が悪いと、どんなに時間を費やしても学習が進みません。
また、通関士の勉強をする以前に語学力も必要かと思われます。

 

通関士の試験科目には「通関業法」「通関書類作成等の実務」「関税法など」の3つがありますが、ま
ずは関税法から取りかかる方が良いとされています。

 

何故なら関税法は、貿易に関する法律の基礎になっているからです。
そこがまず理解できれば、通関業法も頭に入りやすいでしょう。

 

独学でも過去問題を繰り返し解くことは重要です。
その中でよく間違えた問題を選び、苦手を克服するように何度も繰り返し解いてみましょう。
また、独学で通関士の資格取得に成功した人の体験を綴ったサイトなどもありますので、そういった体験記を読むことも為になります。

スポンサード リンク




通関士試験&税関 /Google /